Blogブログ

住宅における鬼門って何?またその対策とは?

2021.01.27

住宅における鬼門って何?またその対策とは?

こんにちは! 店長兼設計士の桐畑です。   「住宅の間取りを決めるとき、鬼門に気をつけなさいって言われたけど……どうやって対策すればいいのかな……?」 そんな疑問をお持ちの方、いらっしゃると思います。 日本の伝統的な考えに基づいた鬼門という考え方ですが、実際に詳しい方は少ないのではないでしょうか。 今回は、住宅における鬼門とは何か、その対策とは何か、ご紹介します。     住宅における鬼門 「鬼門」は、古代中国から伝来した考え方であり、「鬼など良からぬモノが出入りする方角」のことを指します。 「北東」が鬼門の方角とされており、今日でも神道などに使われている考え方です。 住宅では、家の中央から見て鬼門にあたる北東に、玄関、便所、風呂、台所などの水場を避けるべきと言われています。 鬼門の正反対「南西」のことを、「裏鬼門」と呼びます。 こちらも鬼門と同様に良からぬモノが出入りする方角と言われており、入り口となる(玄関)(や台所などの水場)を避けるべきだと考えられています。     どのような対策が存在するのか? ・鬼門という風習自体を気にしない ・整理整頓を行う ・南天の木を植える ・神社の御札を飾る ・盛り塩を置く それでは、それぞれの対策について詳しくご紹介します。     鬼門という風習自体を気にし過ぎない 鬼門には科学的な根拠はありません。 昔の方の生活に根ざした知恵という考え方もありますが、現代の生活環境ではあまり関係ないと言われています。 鬼門という概念よりも、毎日家族全員が快適に暮らせるかどうかが大切です。     整理整頓を行う 鬼門にあたる場所の整理整頓を行うことも効果があります。 北東という方向は日当たりが悪く、水回りの設備があると湿気が多くカビなども発生しやすいのでジメジメしがちになります。 そのため、整理整頓をし、日々清潔感を保つことにより、空気が淀まず、気分もスッキリします。     南天の木を植える 「難(なん)を転(てん)ずる」として縁起の良い南天。 鬼門を気にされる方には、外構を決める際に鬼門に植えることもご提案しております。 オカメナンテン(おたふく南天)はあまり大きくならないため、おすすめです。     神社の御札を飾る 「根拠はない」と言われても気になる方は、神社の御札を飾るという選択肢もあります。 御札を鬼門の方角に置く・飾ることで良からぬモノを封じるという考え方に基づいています。 鬼門の方向に向かって立ち、その方向にある柱などへ「自分の目線より上の位置」に御札を飾ることで対策は完了です。 どうしても気になる方には、神社でお祓いをしてもらうという方法もございますので、お近くの神社へ相談してみてください。     盛り塩を置く 塩には良からぬモノを清める効果があると考えられており、また神様へのお供え物をする意味でも盛り塩は効果的です。 コーン状の専用の道具を用いることで、簡単に作ることが可能です。     まとめ 住宅における鬼門とその対策はどのようなものがあるかを紹介してきました。 ご本人が気にしなくても、ご両親が気になさる場合もあります。 CoCoRoでは、鬼門を気にされるお客様のために、トイレの間取りはなるべく鬼門に当たらないよう設計しております。 自分は物件に何を求めているのか、自分は何を重視しているのかを、一度立ち止まって冷静に再考してみましょう。考えに考えた上で、ご自身の住まいの間取りを決めてください。   ご不明な点ございましたら、CoCoRoのスタッフまでご質問をお願い致します!  

「破風」ってなに?屋根の破風の必要性についてご紹介

2021.01.22

「破風」ってなに?屋根の破風の必要性についてご紹介

こんにちは! 店長兼設計士の桐畑です。   住宅の外装で考えるべきことの一つに「破風(はふ)」があります。 皆さんの中には、「破風」という言葉に耳慣れない方も多くいらっしゃるかと思います。 そこでこの記事は、屋根に取り付ける破風についてご紹介します。   破風とは   破風とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。 そして、そこに取り付けられている板のことを破風板と言います。 伝統的な建物では、彫刻を施した板が貼り付けられて装飾性を持っていましたが、現在の建物ではシンプルなデザインのものがほとんどになりました。 その名のとおり、雨や風を打ち負かして家を守っています。 破風板の役割 破風板の役割には主に3つあります。     屋根への雨水の侵入を防ぐ 屋根は上から吹く風や雨に対しては強いのですが、横や下から吹く風には弱い特徴があります。 そこで破風板を取り付けることによって、屋根内部への風や雨水の吹き込みを防止します。   防火性を高める もし火事になってしまった場合、破風板と軒があることで屋根裏まで一気に炎が行かないようになっています。 特に屋根裏は防火材が使われておらず、延焼しやすいため、破風板があることによって火の手が広がる範囲を小さく抑えられているのです。     雨樋(あまどい)の下地になる 雨樋とは、屋根を流れる雨水を集めて地上や下水に導くための装置のことです。 この雨樋を設置する際に金具を打ち付ける下地として破風板が有効活用されます。     破風板の材質の種類 破風板の材質には、木質系、金属系、窯業系の3つがあります。 以前までは木質系が使われることが多かったのですが、最近では金属系や窯業系が使われるようになりました。 金属系はあまり耐火性が良くないのですが、窯業系は耐火性に優れており、耐久性もあるため、人気があります。     破風板の色について 破風板の色は、屋根や外壁と同系色の色を選ぶと良いでしょう。 白色を選ぶと、汚れが目立ってしまい、塗装を塗り直すことになるかもしれません。 どうしても白色系を選びたい場合は、薄いベージュや薄いグレーを選ぶことをおすすめします。 ここまで、屋根に取り付ける破風についてご紹介しました。 目立たない部分ですが、とても大事だということがお分かりいただけたでしょうか。 家を建てる際は、よく考えて破風の種類や色を選んでくださいね。   ご不明な点ございましたら、CoCoRoのスタッフまでご質問をお願い致します!    

住宅の「容積率」について解説!容積率の規制とは?

2021.01.18

住宅の「容積率」について解説!容積率の規制とは?

こんにちは! 店長兼設計士の桐畑です。 今年初めてのブログになります。 さて、家を購入するにあたり、「容積率」というのは重要な要素となっています。 しかし、日常生活においてはあまり耳にすることがなく、聞き慣れない言葉ですよね。 そこで、この記事では容積率の概要やその規制について解説していきたいと思います。 家づくりにぜひお役立てください。   容積率とは 容積率とは、敷地面積に対する延べ床面積の割合です。 延べ床面積とは、すべてのフロアの床面積を合わせた数字を指しています。 この容積率は、都市計画によって、各自治体や地域ごとに制限がなされています。 また、建築基準法にも、原則として指定容積率を上回る延べ床面積の建物は建ててはならないことになっています。   容積率の規制とは 容積率という形で住宅の制限がかかっているのは、その街の人口を制限するためです。 容積率の大きい建物は、それだけ多くの人が住むことができます。 容積率の大きい建物がたくさん建てられると、その街に人口が流入してしまいますよね。 さらに、都会に比べてインフラがあまり整備されていない街であれば、インフラがパンクしてしまうこともあります。 その結果、インフラの処理能力が大きく落ちてしまい、住みづらい街が生まれてしまうのです。 このような現象を防ぐために、都市計画などで容積率の規制がなされています。     容積率と建ぺい率の違い 容積率が規制されているのは、インフラのパンクや街が人であふれかえることを防ぐことを目的としていることが分かっていただけたと思います。 住宅の大きさと敷地面積に関連して、建ぺい率という概念もあります。 こちらは敷地面積に対する建物の面積の割合を示したもので、防災などの観点から、容積率と同様に規制がなされています。 容積率も建ぺい率も建物の大きさに関わる概念であるにも関わらず、規制の目的が大きく違っていますよね。     容積率の規制緩和 建物の高さや階数を決定づける容積率ですが、規制の適用範囲外になる場合もあります。 一つ目のパターンは建物を建てる際に総合設計制度を利用し、空き地を設けることが条件とされた場合です。 総合設計制度とは、都市計画の規制に対し、建築基準法で緩和を認める制度です。 二つ目は、バルコニーや地下室、ロフト(小屋裏収納)の一定部分です。 それぞれ条件がありますが、延床面積に入らないよう緩和があります。 これらのスペースについては、容積率の計算にカウントされません。   ここまで、容積率の定義や規制の概要について解説しました。 地方自治体によって規制の度合いが異なる場合もあるので、住宅建築を考えていらっしゃる方は、一度自分の地域の規制について調べてみてはいかがでしょうか。   ご不明な点ございましたら、CoCoRoのスタッフまでご質問をお願い致します!  

人と環境にやさしい断熱

2021.01.08

人と環境にやさしい断熱

こんにちは、CoCoRoの日下部です。 CoCoRoでは、断熱性に配慮し施工の時から現場吹き付け施工を実施しています。 本記事では当社の断熱対策における特徴を説明致します。   家全体をすっぽり覆う目地のない断熱層 断熱材は大きく分けて「繊維系」と「発泡プラスチック系」の2種に大別されますが、いずれも空気の層を作ることで、外気温の影響を室内に伝えにくくする機能を持っています。 当社の断熱工法は、硬質ウレタンフォームを使用した現場吹付け発泡施工です。 住宅性能表示性度の断熱等性能等級で最高等級4を取得しています。 壁と屋根に高断熱のウレタンフォームを隙間なく吹き付けて、目地のない断熱層を作るため高い断熱性と気密性を長期間に渡って維持します。   夏涼しく冬暖かい、高断熱性能 無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性により、優れた断熱性能を発揮。 断熱は冬の冷たい外気の影響を防ぐだけではなく、夏の暑い外気の影響も防ぐため、少しの冷暖房で快適な室内環境を作れます。   つまり快適なだけでなく、光熱費を抑えられるという経済的なメリットもあります。   また、細かな連続気泡構造による優れた吸音性能で、外部の騒音や内側からの生活音の漏れを防止し、静かな住空間を実現します。   人と環境にやさしく建物の劣化を防ぐ 使用している硬質ウレタンフォームは、環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水だけで発泡させる断熱材です。 アレルギーの一因となるホルムアルデヒドも発生させない安全な素材です。 高い気密性能と低い吸湿性により躯体内の結露を防止し、構造材の劣化を防ぎ建物の耐久性も高めてくれます。 連続気泡構造のためガス抜けによる収縮がなく、長期間に亘って安定性能を発揮します。   断熱はヒートショック対策にも有効 入浴中の事故件数(2011年)の調査では1月と8月で約11倍も差があり、冬にはヒートショックの危険性が高まることが数値に現れています。 同調査の推計値では入浴中のヒートショック関連死は全国で年間約1万7,000人。 これは同じ年の交通事故死亡者数約4,600人の4倍にのぼります。 硬質ウレタンフォームの現場吹付け発泡は、家全体を断熱材ですき間なく覆うので、部屋と部屋の温度差が少なくなるので、ヒートショック対策にも有効と言えます。     いかがでしたか、このように住宅における断熱性能は非常に重要な役割を果たしています。   CoCoRoは機能面省エネのことも考え断熱性能にも配慮しています。ぜひ住宅選びの参考にしてください。

明けましておめでとうございます

2021.01.04

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。   皆様、年末年始は美味しいものを食べてゆっくりとした時間を過ごしてリフレッシュできましたでしょうか。 こんにちは、広報担当和田です。 本日よりCoCoRo大津スタジオは営業を開始いたします。   “一年の計は元旦にあり”といいますが、皆様今年の目標は決められましたか? 私はいつも決めるだけ決めて満足してしまうタイプですので、今年こそは日々継続できるよう頑張りたいと思っております。 /ちなみにありきたりではありますが、今年は日々の暮らしをよりよいものに…と思っております\     さて、CoCoRoも8月にオープンしまして早6ヵ月目に入ったのですが、 今年はついに、ついに…!!     モデルハウスが完成します!!   2月20日(土)にグランドオープン予定です。     先にチラッと間取りをお見せしますね。   南欧風の外観デザインのお洒落なモデルハウスとなっております。   オープン時にはイベント開催予定ですので日にちか近くなりましたら、 Instagramやブログ・お知らせにて発信していきますね!   それでは今年も皆様にとって充実した一年になりますように。

2020年のご挨拶

2020.12.25

2020年のご挨拶

こんにちは! CoCoRo 設計士兼店長の桐畑です。   今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 街もTV番組もラジオも、すっかり年末年始ムードで満たされていますね。 今年も一年、敷島住宅やCoCoRoをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。   本年は、新型コロナウイルスによって、 学校や病院、職場など日本の経済にも大きな影響を受けました。 また、生活スタイルの変化を要する年となりましたね。 感染予防に気にかけながら、日々過ごしたいと思います。 さて、今年の1年間振り返ってみます。 今年の8月に無事にCoCoRoがオープンしました。 オープンまでにたくさんの人に支えられ、準備をしてきました。 店舗のリフォーム工事は、敷島住宅リフォーム事業本部の方々にお願いしました。 とてもきれいに完成しました。 カフェのような可愛い雰囲気になってます!   是非、リフォームをお考えの方は 弊社のリフォーム事業本部までお願い致します!!     オープン後には、たくさんの方に来場していただきました。 来場していただいた方、ありがとうございました。 パンフレットなど可愛いと言っていただきました。 また、ハロウィンやクリスマスなど 時期のイベントに合わせて、スタジオを可愛く飾りをつけもしました。 気になる方は、過去のブログのご確認をお願いします。 多分、写真などあると思います。。。     現在、滋賀県大津市下阪本でモデルハウスの建設中です!! モデルハウスをつかって 「基礎の見学会」「構造見学会」を実施しました。 天気にも恵まれて良かったと思います。 来年の2月にオープン予定です。 是非、皆様モデルハウスを観にいらしてください。 (インスタでも発信中です。是非ご確認お願いします。)   今年は、残念ながら忘年会はありませんでしたが年内は25日(金)までの営業となりました。 来年は1月4日(月)から営業スタートとなります。 休業中はご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。   私は休みに入ったら、とにかく大掃除をしなければなりません。 私の実家は雪がすごいと聞いております。。。 寒そうですが、久々に地元に帰ろうかと思います。       CoCoRoがオープンして4か月ですがいろいろとありました。 無事、年末を迎え年越しができる事は、皆様のお陰です。 ありがとうございます。 来年もこのまま発展していくよう変革の一年にしていきたいと思っております。 年始からキャンペーンを検討中です!! 是非、ご確認お願い致します!   そのために年末年始にしっかり休み、来年への英気を養いたいと思います! 今年も一年本当にありがとうございました。 皆様もよい年末年始をお過ごしくださいませ。   来年、またCoCoRoスタッフ一同皆様のご来場お待ちしております!!

1236