Blogブログ

断熱ってどうするの?工法と効果を解説!

2020.09.29

こんにちは、現場監督の日下部です。

 

一年を通して快適な温度で過ごせる家、省エネルギーで節電になり、

家計にも地球にもやさしい住まいが、高断熱高気密の住宅です。

今回は断熱工法と断熱の効果についてお話しようと思います!

壁・床・天井などに断熱材を使用することで高い断熱性・気密性を実現させます。

主な断熱工法としては、「充填断熱(内断熱)」と「外張断熱(外断熱)」があります。

 

「充填断熱」は、断熱材を外壁と室内の壁の間や、天井の上、床下などに詰める方法です。

簡単に言えば、家の内側に熱を断つ素材を詰めるということです。

断熱材の種類によって変わってきますが、材料費や施工費などのコスト面でみると、

外断熱に比べ比較的安くなります。

対して「外張断熱」は、構造材の外側を断熱材でくるむ方法です。

充填断熱と比べるとどうしてもコストはかかってしまいますが、断熱性が高いのが特徴です。

 

CoCoRoでは、硬質ウレタンフォームの吹き付け発砲工法を採用しています。

工法としては内側からの充填断熱になります。隙間なく細かく施工できるのがメリットです。

↓こんな感じです

高断熱高気密住宅の大きなメリットのひとつは、冷暖房にかかるコストを削減できることでしょう。

例えば、昭和期に多く建てられた無断熱の住宅と比べると、

現在の省エネ基準に則ったレベルで断熱材を加えた住宅では、冷暖房にかかる電気代が約60%削減できるのです。

それはつまり、家計にはもちろんですが、環境にも優しいといえます。

結露とは、暖かく湿った空気が冷たい壁や天井などに触れて露を結ぶ現象のことです。

結露を防ぐには壁面などの温度を下げないことが重要になります。

そのため、断熱は結露防止の効果もあるのです。

 

快適な温度で過ごせるだけではありません。

例えば、吸音性が高い断熱材を使用した気密性の高い構造である高断熱高気密住宅だと、

外部からの音を一定レベルに抑えることができます。

断熱をしていない住宅では、外壁材自体の遮音性能だけということになりますが、

高断熱高気密住宅では、気密性の高さや断熱材を挟むことでの層構造によって、遮音性や吸音性が高まります。

居心地のいい暮らしという意味からも、断熱は効果があると言えるでしょう。

 

今回は簡単に、断熱の仕組みとメリットについてお伝えしました。

冷暖房などのコストを軽減できることに加え、静かでプライバシーのある生活にも断熱は繋がってきます。

夏はできるだけ涼しく、冬はできるだけ暖かく過ごせるのが断熱のメリットです。

ぜひマイホームのご購入をお考えの際は、断熱に優れた家を検討されてみてはいかがでしょうか?