Blogブログ

「住宅性能評価」ってなに?評価書があると何がいいのでしょう?

2020.09.07

CoCoRo大津スタジオの店長兼設計士の桐畑です。

9月になりました。

早いものでCoCoRoがオープンして一ヵ月が経ちましたね!

今は、お客様の間取りを楽しく作成をしております。

 

 

さて、CoCoRoは全棟「住宅性能評価書」付きです

大きくアピールしておりますが、この「住宅性能評価書」ってどんなものかご存知ですか?

今回は、「住宅性能評価」とは何か、評価書があると何が良いのかをご紹介します。

住宅性能評価制度とは、2000年4月1日に施工された「住宅の品質確保の促進などに関する法律」に基づく制度です。

良質な住宅を安心して買うことができる住宅市場を維持するため、統一された基準により第三者機関が住宅の性能を評価。

信頼性のある評価に基づき、等級や数値で性能が示されているため、消費者が相互比較を行うことができます。

新築住宅は10分野を、設計段階と工事段階(4回の現場調査)の2段階に分けてチェック。

既存住宅は現状の評価と性能の9分野で評価されます。

 

新築の評価基準も気になりますよね!

たくさんございます。

 

  • 構造の安定…地震などが起きた時の倒壊・損傷しにくさ
  • 火災時の安全…火災が起きた時の燃え広がりにくさや避難のしやすさ
  • 劣化の軽減…柱や土台の耐久性
  • 維持管理更新への配慮…配管の清掃や補修のしやすさ、取り換えやすさ
  • 温熱環境…省エネルギー・創エネルギー性
  • 空気環境…シックハウス対策と換気
  • 光・視環境…東西南北と上方向の窓の大きさ
  • 音環境…上下階隣家への音の伝わりにくさ※オプション項目
  • 高齢者などへの配慮…高齢者や障がい者が暮らしやすい配慮がされているか
  • 防犯…ドアや窓などの侵入防止対策

 

新築住宅の住宅性能評価項目は、外観から判断しにくい性能の10分野32項目から評価されます。

 

性能評価のメリットは?

統一基準をもとに第三者機関による評価が行われるということは、この「住宅性能評価書」は客観的で信頼性があるということです。
建築段階で性能を保証するため、資産価値の維持や、転売の際にも有利になります。

評価に応じて、地震保険の割引が適用されるというメリットもあります。
耐震等級3の住宅の場合、なんと50%もの割引に。結構大きな金額ですよね。

フラット35でローンを組む方は、金利引き下げの優遇措置を受けることもできます。
耐震性に優れた住宅の場合、10年間金利の引き下げが受けられます。(※2020年2月現在)
様々な条件によって具体的な金額などは変わるため、詳細についてはCoCoRoの担当にご確認ください!

 

CoCoRoは、全棟「住宅性能評価書」付きとご紹介いたしましたが
新築住宅の評価ポイント10分野中、5分野8項目で最高等級をいただいています。

新築住宅の場合は設計段階と工事段階(4回の現場調査)でチェックがあるとお伝えしましたが、このことにより建築中に手抜き工事などが行われていないことが客観的に証明されます。
また、建築するすべての建物に対し「住宅性能評価書」を付けるということは、その品質への自信でもあります。

住宅購入の際には押さえておきたいポイントですので、ぜひ参考にしてください。

 

少し今回は難しい話になりましたね!

最後にクイズで終えたいと思います。

建築用語の名前です。

 

「框」

 

何て呼ぶでしょうか?

ヒントは玄関など床に段差がある場合、高い方の縁に取り付けられる部材の名前です。

分かった方は、スタジオでお待ちしている

桐畑までお声掛けをお願い致します。

何かプレゼントあるかもです!!!

ありがとうございました。